N_U_K_U_M_I_Z_U_MAYA///INFORMATION

カミナリラヴァー

第3回パピルス新人賞大賞を受賞された
宙目ケンさんの作品「カミナリラヴァー」の装丁画に
2008年の作品「眼中」を使っていただきました。

幻冬舎より10月28日発売です。
http://61.211.234.19/search/book.php?ID=102515




第3回パピルス新人賞大賞受賞作品!
見えない夢よりも、触れるおっぱいを、僕は信じる。
「何にでもなれるなら、何になりたい?」こう誰かに聞かれたら、何と答えるだろう。“何にもなりたくないが、何でも見てみたい”それが僕のキャッチコピーだ。
3 年と3ヶ月ほど前から、まるで働くことなく、海辺の街外れにある平凡な一軒家で一人暮らしを送ってきた自称似非ニートの大山九乃(30才男・無職)。似非だったニート生活は、今やネットライフ中心の本格ニート生活に突入しようかというある嵐の夜、自分の目の前で雷に打たれた少女に遭遇!そんな馬鹿な!何てこった!決死の救出活動の甲斐あり一命を取り留めた少女・金月キアラとの運命的でぶっ飛んだ出会いは、二人が結ばれるのには充分な出会いだった。だが、キアラにはどうやら秘密があるようで……。スパイ?暗殺!?国家の陰謀!?愛と平和と理想のために、一人のニートが重い腰を上げた。予想がつかない新感覚青春冒険小説が誕生!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
雷の下で出会った女、キアラに誘われたバイトは暗号調査だった。国際的な賭けゴルフ倶楽部の会員宅に侵入し、賭け金の暗号を調べるだけで報酬は100万円。怪しすぎる話だが恋心ゆえ断れず…。労働とSEXと恋愛で充実していたある日、キアラの姉が交通事故死。「暗殺だ」とキアラは泣き出した。情報戦争、国家陰謀、海外逃亡、大失恋?緊急非常事態の連続にニートのキャパは崩壊寸前。第三回パピルス新人賞受賞作。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宙目ケン(ユマケン)
1973年香川県生まれ。2009年、「カミナリラヴァー」(「Ray After Lover」より改題)にて、第三回パピルス新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

e0127025_17204992.jpg
[PR]
by nukumizm_aya | 2010-10-29 17:21 | information