N_U_K_U_M_I_Z_U_MAYA///INFORMATION

個展 『私は強い、お前は弱い』

e0127025_024153.jpg



この度個展を開催させていただくことになりました!


抜水摩耶 個展 『私は強い、お前は弱い』
Maya Nukumizu Solo Exhibition “I'm strong, You're weak”

Open 12:00 - 20:00 月曜日休廊(7/20(祝月)開廊、7/21(火)休廊) / Mondays Closed (Opens on 7/20(Mon) Closes on 7/21(Tue))

7/4 Sat. トークショー&オープニング・レセプション同時開催!
18:00-19:00 トークショー with 田名網敬一+菅付雅信
19:00-21:00 オープニング・レセプション
※トークショーは、20席まで先着でお席をご用意出来ます。それ以上のお客様は立ち見の可能性がございます。お申し込みはinfo@artjamcontemporary.comまで。


Art Jam Contemporary

〒150-0013東京都渋谷区恵比寿1丁目18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F
2F NADiff A/P/A/R/T, 1-18-4,Ebisu,Shibuya-ku,Tokyo 150-0013 Japan
Te] +81-3-5449-8122 Fax +81-3-5449-8123
info@artjamcontemporary.com

http://www.artjamcontemporary.com/
*********************************************************************
このたびArtJam Contemporaryでは、抜水摩耶個展『私は強い、お前は弱い』を開催いたします。抜水摩耶は1982年生まれのアーティストで、2007年に京都造形芸術大学大学院を修了し精力的に活動を続けています。大学在学中からその才能は注目され、『第5回21世紀アジアデザインコンペ』準大賞、『ARTBEAT KYOTO 2005』グランプリ、『ART AWARD TOKYO 2007』に選ばれるなど、数多くの賞を受賞し「NEW POP」とも呼べる新しい日本の女性アーティストとして高い評価を集めています。彼女の描く作品には、ポップな女の子、武器、戦闘機などが数多く登場し、幾何学的なグラフィックとともに画面上でミックスされています。登場する女の子は、大きく広がりを見せる髪、長く伸びた睫毛、ポップで未来的な服装など、過剰とも言える女性性を含み、武器、戦闘機など画面を構成するグラフィック的要素とともに、「戦闘する少女」として描かれています。日本のアニメにおいて数多く描かれてきた「戦闘少女」が、男性が男性のために作り上げた倒錯的存在であるのに対し、抜水の「戦闘する少女」は、女性の女性に向けた愛情、女性自身が本来持つエナジーの肯定に満ちあふれています。今回の展示では、「戦うこと」をテーマに、新作ペインティングとドローイングを展示いたします。この機会に是非ギャラリーに足をお運びください

We are holding the solo exhibition of Maya Nukumizu “I’m strong, You’re weak”. Nukumizu is a artist born in 1982. After finishing the master’s degree of Kyoto University of Art and Design in 2007, she has been actively creating works. She drew attention to her talent already when she was in the undergraduate degree, winning many awards including the grand prizes of “The 5th ‘21st Century Asian Design Competition’” and “ARTBEAT Kyoto 2005” and had been selected to exhibit at “ART AWARD TOKYO 2007”. Her work is highly received as a new type of Japanese artist whose style can be called as “NEW POP”. In Nukumizu’s work, the subject matters such as pop girls, weapons, combat planes are often drawn and they are arranged on the geometrically graphic surface. The girls in her work have the almost extreme femininity such as the rich and long streaming hair, overly long eyelashes, and skin-exposing tightly fitted outfits. They are drawn with weapons and on the fighters as “fighting girls” in the graphical composition of the picture. Many of the “fighting girls” in Japanimation and in Manga are the perverted existence, created by men for themselves. The characters by Nukumizu are, on the contrary, those created by a woman, for women, more positively accepting “the power of woman/femininity”. Please come and see her new “fighting” paintings.
[PR]
by nukumizm_aya | 2009-06-28 00:24 | information